圧力透析装置(酸再生回収装置)


 従来、中和処理して大量に廃棄されていた酸廃液、アルカリ廃液を、圧力による膜分離法で精製、回収する画期的な装置です。廃液中の有価金属は塩類として水・酸と分離、濃縮再生致します。

技術情報1

圧力透析法の原理

 本装置は圧力を利用した膜分離法で、廃液中の酸回収、金属の濃縮分離を効率よく実現します。原理的には逆浸透膜と類似しますが、メンブレンは強酸領域からアルカリ領域まで広い範囲で適用が可能です。
 また拡散透析法は廃液と水の濃度差を利用して、酸を精製分離する方式のため、分離精度向上には膜面積を大きくする必要があるのに対して、圧力透析法では膜自体にN+荷電子を付加させているため、廃液中の金属と酸は圧力によって濃縮金属廃液と酸とに精製・分離され、回収されます。また、廃液中の水は酸と共に回収されますから、工程中からの酸排出量は激減します。

 

適用分野

1)めっき水洗水からの酸回収再利用、金属分濃縮分離。
2)各種エッチング液の再生(液の長寿命化)。
3)ステンレス酸洗廃液からの酸回収再利用。
4)アルミ前処理液(硝酸/フッ酸)の再生(浴の長寿命化)。
5)各種酸廃液からの酸の回収と金属分離・回収、排水量の削減。
6)他の既存プロセスとの併用により、銅めっきやニッケルめっき水洗水からの水回収・再利用と金属塩類の濃縮・分離・回収。  

 

本装置は圧力を利用した膜分離法で、廃液中の酸回収、金属の濃縮分離を効率よく実現します。原理的には逆浸透膜と類似しますが、メンブレンは強酸領域からアルカリ領域まで広い範囲で適用が可能です。
 また拡散透析法は廃液と水の濃度差を利用して、酸を精製分離する方式のため、分離精度向上には膜面積を大きくする必要があるのに対して、圧力透析法では膜自体にN+荷電子を付加させているため、廃液中の金属と酸は圧力によって濃縮金属廃液と酸とに精製・分離され、回収されます。また、廃液中の水は酸と共に回収されますから、工程中からの酸排出量は激減します。

効果をご確認いただくために、各種酸廃液、めっき水洗水、アルカリエッチング廃液、銅ソフトエッチング廃液からの回収実験を常時、受け付けております。ご一報下さい。
担当;技術部・板倉itakura@nosaka.co.jp